Blog

2015年9月12日

(仮称)多世代交流モール 進捗3

150912.jpg
減築して生まれる中庭に植える樹木の選定に鹿児島県指宿へ、植栽計画に協力を頂いているGAyamazakiの山崎さん、造園を担当頂く田中造園の田中さん、現場監督の大日建設増田さんと行ってきました。
山崎さんの提案でシマサルスベリ、シマトネリコを採用しました。どちらも南国の樹木で、宮崎県日南市に建つ多世代交流モールにあった樹木を選定出来たと思います。
現地は広大な畑に、大量の樹木が、同じ種類、同じサイズごとにきれいに整理されていて、かつ一本一本の樹木はそれぞれ違った表情で、力強く自由に振る舞っていました。