Blog

2016年8月26日

越前の住宅 現場1

160826_echi.JPG
福井県越前市で計画をしている住宅が着工しました。築53年になる母屋を一部解体しながら、既存建物の中に新しい建物を挿入する計画です。
古い木構造の中に新しい木構造が挿入され新旧の建物が混ざり合うような建物になります。この計画の大きな目的は、北側に位置し採光や通風環境の良くないリビングダイニングを新設し住環境を向上させる事、この住宅に住まれる3世代の各部屋の動線を整理しつなげる事、耐震上安心なスペースを造ること既存建物の耐震性もあわせて向上させる事です。写真は着工前の建物です。