Blog

160224.jpg
現在発売されている、新建築住宅特集2016年3月号に、弊社が設計監理を行った、「鯖江の住宅」が掲載されています。
http://www.japan-architect.co.jp/jp/works/index.php?book_cd=201603&pos=17&from=new

160215.JPG
先日、日南市油津商店街のサポマネ(テナントミックスサポートマネージャーの略)木藤さんから連絡を頂きました。商店街の空き店舗に、IT企業のポート株式会社が進出することが正式に決定し、記者会見と調印式が多世代交流モールで行われました!という、とても嬉しいニュースでした。
https://www.theport.jp/news/201601/20160122-01.html
https://www.inter-cross.com/site/20160218-19-20
多くの若者が油津商店街を拠点に仕事をすることになり、商店街の更なる活性化につながっていくと思います。多世代交流モールの賑わいが、また一つ大きな賑わいを生む事につながったと考えると、とても嬉しく思いますし、また次にも展開していきそうなニュースで、商店街の今後がとても楽しみです。来週は2ヶ月ぶりに現地に伺う予定があり、油津の人たちに久しぶりにお会いできる事も楽しみです。
写真、左上お話をされているのが木藤さん。この写真は地元の小学生に、商店街の活動や街づくりについて課外授業をされている様子。木藤さんのレクチャーはお聞きした事がありますが、大切な事を非常にわかりやすく話されるので、大人はもちろん子供達にも届くものが多いと思います。

160203.JPG
先月末に新しいプロジェクトのプレゼンテーションを行いました。
敷地は福井県越前市です。既存建物は半世紀以上経過していて、今回はその建物の一部を壊し新築するものです。家族5名3世代で住まれていて、今回は家族のみんなが集まるリビング、ダイニング、キッチンをつくり変え、住宅の中心を据えることで各個室がつながり、住宅全体を再生するという計画です。古い母屋は家族の大切な記憶が集積されていて、全てを新しく建て替えるより、手間がかかり難しい部分が多いことを理解されている上で、建物を残して住み続けていきたいというクライアントの気持ちにお答えしたいと思っています。当日は、80歳を過ぎる大ばあちゃんも、6歳の娘さんも含め、用意した新しい住まいの模型を一緒に見て頂いて、とても喜んで頂けました。今年の5月の着工に向けて、設計や申請機関との協議を始めています。

151229.jpg
 あと2日で2015年が終わる。今年は進めていたいくつかのプロジェクトが無事竣工を迎え、関係者の方から喜びの声を頂いた。事務所にとって今年も良い一年になりました。新しい方との出会いがあり、多くの人に支えて頂いたおかげだと思います。
 写真は宮崎県宮崎市にある坂倉建築研究所が設計した、宮崎県青島青少年自然の家(1976)の2階のラウンジの写真です。このラウンジの写真左奥上空に抜けていくような広がりのある清らかな気持ちの良い空間が、L型プランのコーナーという難しい位置にありながら、吹抜け、構造体、開口部など、特別ではない要素により構成され実現されていました。内田祥士先生と宮崎の建物見学をご一緒させて頂いた際の一枚。

151208.JPG
宮崎県日南市油津商店街で設計監理を進めてきました(仮称)多世代交流モールが、先月竣工、オープンを迎えました。オープン当日は、街のたくさんの人たちがセレモニーに参加して、日南市を上げてオープンを祝いました。
昨年2014年12月コンペで設計者に選定されてから11ヶ月の設計監理期間中、日南の地元の人には、商店街で出会う人、街の飲食店、喫茶店、ホテル、飫肥の観光案内所の人など、現地に通うたびにいつも温かい声をかけて頂きました。
この施設が、地元の多くの人の生活に関わり彩りをあたえ、新しい交流を生み出すことで、油津商店街の再生をより前進させていくことを期待しています。竣工写真ができたらまた更新したいと思います。

151009.jpg
(仮称)柏の葉こども図書館の写真をWorksにアップしました。

150914.jpg
今年の暑かった夏の期間、現場では鉄骨工事がメインで進みました。現場溶接する箇所も多く、非常に過酷な環境で作業をして頂いたと思います。
現在、現場は鉄骨工事が内外ともにほぼ終わり、ボードを貼る内装の方、塗装、鋼製建具、電気、機械設備、左官の方と様々な業種の方が、同時に入って作業を行っています。竣工まで残り1ヶ月半程度、これからが本番です。
写真は現場の休憩中の写真です。

150912.jpg
減築して生まれる中庭に植える樹木の選定に鹿児島県指宿へ、植栽計画に協力を頂いているGAyamazakiの山崎さん、造園を担当頂く田中造園の田中さん、現場監督の大日建設増田さんと行ってきました。
山崎さんの提案でシマサルスベリ、シマトネリコを採用しました。どちらも南国の樹木で、宮崎県日南市に建つ多世代交流モールにあった樹木を選定出来たと思います。
現地は広大な畑に、大量の樹木が、同じ種類、同じサイズごとにきれいに整理されていて、かつ一本一本の樹木はそれぞれ違った表情で、力強く自由に振る舞っていました。

150903.JPG
先週の8/29土曜日に(仮称)柏の葉こども図書館がプレオープンをしました。当日は雨模様に関わらず、200組近くの住民の方に来館頂きました、お越し頂きました皆様、ありがとうございました。この街に親子で気軽に立ち寄れる公的なスペースが望まれていたことを改めて実感しました。短い期間での実現に向けて、たくさんの方のご協力を頂きましたが、特に本箱をはじめ家具を製作頂きました流山の和泉木材さん、松田工業さん、POLOPPOUさんには大変にお世話になりました。
この図書館が、この街に少しずつ根付いていって、長く利用される場所になってもらえればと思います。本オープンは9月10日、これから運営主導されていくママティさんをはじめ地域の方の、引き続きバックアップをさせて頂ければと考えております。

150715.JPG
現場は、中央の1スパンの屋根と梁等の鉄骨躯体が解体され、中庭スペースがうまれています。
現場で打合せをしている際、「建物の一部が解体されたとき、新しい空気が商店街に入り込んできて感動したよ!」と、商店街を歩く地元の方に声をかけて頂きました。とても嬉しく、こういう言葉が設計活動の糧になります。


< Prev   1  2  3  4  5  6