News

2021年7月22日

東洋大学理工学部建築学科 ゲストクリティーク

210717_toyo.jpg
先日東洋大学理工学部建築学科のゲストクリティークとして参加した。レクチャー後、講評会を行った。課題は「川越の新しい文化と賑わいの拠点」。川越の街は伝統ある蔵造りの街並みを残し、近年多くの観光客が訪れ商業的にも大変賑わいがある。
18年ぶりに訪れた理工学部のキャンパスは建て替えが進み校舎はほぼ一新されていたが、鶴ヶ島駅前の街の雰囲気はあまり変わっていなかった。川越のような歴史ある街並みではなく、どこにでもあるような郊外の駅前の風景でも、建物や自然が変わらずに残っているということの尊さも改めて感じた。