Blog

2016年9月 2日

雑誌掲載のお知らせ 新建築9月号

160901_新建築1.jpg
現在発売されている、新建築2016年9月号に弊社が設計監理を行った、「日南市油津商店街 多世代交流モール」が掲載されています。
油津商店街、日南市の取り組みがわかりやすく整理されています。多くの人に商店街の活動を知って頂ける機会になればと思います。
編集長がかかれた本誌へのコメントを添付させて頂きます。今回掲載されている多世代交流モールをはじめ、柏の葉図書館、柏の葉ミュージアムリニューアルは民間企業による公共的なスペース「私有資産の公共性」をもったプロジェクトです。地域に求められる公共性について、民間と公共建築それぞれが提供できる価値をその場所に立ち形にしていきたいと思っています。


Editor's Comment 
「建築は地域の資産となり得るのか。今月号ではそうした可能性を考えました。これまで、公共建築は平等性を考えて最大公約数的に考えてきた一方、私有資産は公共性を必要とせず、敷地境界の内外を明確に分けて存在してきました。しかし今、その境界を少しずらす可能性もあるのではないかと思います。青木淳さんの「分じろう」「十じろう」、水上哲也さんの「油津」など、今月のプロジェクトの多くはこれまでの「設計」という範囲では捉えられない方法を試みています。建築論壇でジョー・ゲビア氏に語っていただいたAirbnbもそのひとつの例です。私有の資産をゲストのための宿泊場所として提供することで、新しい価値を生み出し、地域やコミュティがかかえる課題に取り組むことができます。それを全面的に受け入れるには、まだ調整が必要です。しかし、そのチャレンジが次のステップになるのかもしれません。」 (「新建築」編集長 四方裕)